156GTA ハセプロ リムガードⅡ

やってしまいました。
ちょっとした不注意で右後輪をさくっと
擦ってしまいました。

タッチアップペンで塗ってみましたが、
色が合わず、余計に目立ってしまったような…?
いっその事、3箇所の傷にイタリアントリコロールカラーの
テープでも貼ってやろうと、ネットを探索していたら、
リムガードなるものが存在する事を発見。
しかも、有名なハセプロのマジックカーボン製!。
早速オーダー。

ハセプロリムガード

この製品のテープ幅は4mmです。
GTAの純正ホイールのリム幅が4.5mm程だったので、
何とか貼ることが出来ました。

ハセプロリムガード

ハセプロリムガード

パーツクリーナーでホイールを脱脂してから
始めました。
作業時間30分ほど。

ハセプロリムガード

メルセデスCLAのシューティングブレイクのような
イメージになりました。
傷は完全に隠れて分からなくなりました。
しかも、これからはリムガードとして活躍してくれそうです。
(リムのやや内側に貼るので、
視覚的に少しホイールが小さく見えるかもしれませんね)

ハセプロリムガード

Neutron S

アルファロメオ156GTAにiPhoneを装着する為の
ホルダーを1年以上ずっと探していました。
インテリアのイメージを崩さず、出来るだけスマートに装着するには
磁石を使うのがベターだと思いますが、磁力がスマホや車に与える
影響を考えると、やはり躊躇します。
そんな時、強力な磁力を発揮しながら、スマホには磁力の影響が
出ない、画期的なアイテムを発見しました。
それは、NeutronSです。
しかし、それをどこに装着するかが問題です。
CDデッキの部分に装着するのが操作上ベストですが、
それでは3連メーターが隠れてしまいます。
(シュミレーションしてみました)↓
NeutronS
そこで、最終的に行き着いたのが、灰皿にインストールすることでした。
使うときだけ灰皿を開けて装着し、終わったらふたを閉める事で
全くのノーマルに戻るという訳です。(因みにタバコは吸いませんので…)

NeutronS

NeutronS

NeutronS

付属の3Mの両面テープは粘着力が弱すぎたので、ミラー修理の時に
使った
Scotchの建築用厚手強力両面テープを使いました。

SoundRacer V12 + AlfaRomeo V6

2009年にスウェーデンに設立されたサウンドレーサー社が発表した製品はシガライターソケットに差し込むだけでエンジン回転数にシンクロしたチューンドエンジンサウンドが手に入るガジェットです。
オルタネーターからのパルスを検知し、エンジン回転数に合わせて音を変化させる仕組みになっており、音声はFMトランスミッターから車のラジオに送信します。

“SoundRacer V12 + AlfaRomeo V6” の続きを読む

156GTA サウンドコレクション

まずは、3位
甲高い系の代表。レーシーなサウンドが走り心をくすぐる

2位同じく4本出し。センス抜群の外観とそれに負けないグッドサウンド!

堂々1位4本出し。理想的な6気筒サウンド!!!

アルファロメオ155V6

1995年式155V6
最終形態
ユニコルセ キャンバー調整ピロアッパー付前後車高調サス 
F16kswift R17k eibach
メックス 初期型 等長Fパイプ、センター、リヤマフラー
スパルコ PRO2000 
ユニコルセ スーパーダウンシートレール
ユニコルセ DTMカーボンミラー
ADVAN AD08
DIXCEL 前後ブレーキローター、パッド
ホイール スーパー用純正15インチ

2014年3月 廃車・・・
2014年4月 156GTA乗り換え!